西陣織とは

記事一覧

1~5件目 (8件中)

  • 西陣織とは What's Nishijin-ori

    WRITER :
    スタッフ
    この記事のURL

    京都で生産された絹の先染め紋織物で、源流をたどれば古くは古墳時代まで遡る歴史ある織物です。 またその古い歴史の中で培われた高度な技術と豊富な知識を受け継ぐ京都の代表的な伝統産業です。 生産の特徴として、織上がりまでには20を超える工程があります。 その工程が分業化され、それぞれに専門家である職人がおります。 この西陣における分業と専門性が織屋の独自性を生み出し、多くの品種や多様なデザインの

    記事を開く

  • 袋帯 Fukuro-obi

    WRITER :
    スタッフ
    この記事のURL

    現代の礼装用の帯で、振袖、留袖、色無地、訪問着、付下げといった、礼装・準礼装、さらにおしゃれ着のきものにも合わせます。 古典的な吉祥文様から現代的な感覚の色調を取り入れたものまで、多彩な色柄が揃い、さまざまな着こなしが楽しめます。 現在、西陣で最も多く作られている帯の種類です。   Fukuro-obi is a obi for dressing up.The type of k

    記事を開く

  • 名古屋帯 Nagoya-obi

    WRITER :
    スタッフ
    この記事のURL

    九寸とも呼ばれている帯です。 袋帯に次いで格式のある帯とされ、柄によっては訪問着や色無地などの準礼装からおしゃれ着まで、幅広く使えます。 芯を入れて仕立ててあるため、帯幅を広くしたい時に好みの寸法にできるのも特徴です。   Nagoya-obi is another name, also known as "kyu-sun". Nagoya-obi is the second

    記事を開く

  • 袋名古屋帯 Fukuro-nagoya-obi

    WRITER :
    スタッフ
    この記事のURL

    帯幅が八寸(約30cm強)で「八寸なごや」とも呼ばれています。軽くて締めやすく、外出着、おしゃれ着をはじめ、織のきものなどにも最適です。夏以外はほぼ年中締められる便利な帯です。   Fukuro-nagoya-obi is another name, also known as "hassun". This is lighter than other other types of

    記事を開く

  • 帯屋捨松 袋帯 バヤジット華紋

    WRITER :
    スタッフ
    この記事のURL

    西陣織の老舗織元、帯屋捨松の袋帯バヤジット華紋です。 中の袋帯、帯屋捨松のバヤジット華紋は、オスマントルコ帝国のスルタン、バヤジット2世のカフタン(トルコの民族衣装)から取材した柄をのせた帯です。 経糸にも金糸を使った豪華な帯です。   It is a obi made by Obiya Sutematsu. The name of this obi is Bayajit-

    記事を開く

1~5件目 (8件中)

検索

WRITER

    page top